リアリティーの趣味ブログ

頻度は低いですが、VGについて呟きます。

昨日の情報局にて(ブラントゲート)

皆さんこんにちは
好きなVGキャラは矢作キョなんとかさん、ヒロインならG期初期の中学2年生のナギサちゃんが好きなリアリティーです。(ちなみにナギサちゃんは中2になったから結婚出来るって言ってましたけど、日本の法律では出来ないんですって。へ〜そうなのか〜(鼻ホジ)僕はカムナギのカプよりカムエミ派)
今回は昨日の週ヴァンの感想を書いていきます。最後のブラントゲートのTD(トライアルデッキ)が明かされましたね。監獄と収容はほんと言った通りでした。そして自分の予想通り、フィールド魔法的なオーダーカードを寄越してきました。

新能力「監獄」と「収容」
まずカードゲームではあまり聞かないであろう言葉ですね。自分の監獄となっているオーダーゾーンに、相手のカードを収容し使用を制限させる事がこの国家の戦い方とありました。割とバインドとは似て否なるものかな?収容されたカードは相手が然るべきコストを払えば元に戻せる点も、呪縛の反省を生かした結果だと思います。ユニットカードの場合はコールで済みますが、オーダーの場合は完全にアド損なので、自分で収容する場合は気をつけましょう。個人的にはどのデッキでも対策をしやすい上に、呪縛より全然苦じゃない点が評価高いです。

「銀河中央監獄 ギャラクトラズ」
新タイプセットオーダーで、監獄カードとあります。味方1体をレストさせてプレイ、プレイ時SC3されます。このSCはミラーでも見てるんですかね?このギャラクトラズはオーダーゾーンに永久的に配置され、この自分のゾーンに相手のカードを枚数制限なく収容するとの事。ちょっとこのご時世躊躇っちゃうタイプですね。(ギャラクトラズのカードの「下」に相手のカードを置くというよりは、監獄となった「ゾーンそのもの」に相手のカードを置いていくというのが正しいらしいです)
相手は自身のメインフェイズ中に、収容されたカードをCB1で2枚、SB1で1枚保釈(リアにスペリオルコール)できます。このコストを払わせる辺り嫌らしいですね。(オーダーカードを保釈の場合は、リアに存在できないので出したらすぐドロップ行きになるのでご注意を)登場時能力も条件がないものなら、使える点は有り難いですね。ただしオーバードレスはノーマルコールのみに限りなれるので、ある種のメタになっている点も面白い。
そしてこれを現時点で退かす手段はありません。またオーダーゾーンのカードは、張り替えるわけではなく、ターンを跨ぎますが複数枚オーダーをプレイできるようです。今の所は無意味ですが、今後2種類以上別の監獄カードがあると話が変わりますし、相手のセットオーダーを退かす効果とかも出るでしょう。
「極光戦姫 キルナ・ブルー」
V登場時に監獄カードを確定かつノーコストでサーチと優秀。監獄カードのグレートは1なので、持ってきたら即プレイできます。後攻だったらレスト用のリアを用意しましょう。R登場時に収容カードがあれば1枚引けるのも嬉しい。
「極光戦姫 リサット・ピンク」
V登場時に相手の手札1枚を収容と、やる事がぬばたまのフウキやクジキリコンゴウみたくなってます。カードが収容されている限り常時12000と殴られ難くもなっていて美しい。個人的に1番タイプ。
「極光戦姫 セラス・ホワイト」
本TDのメインを張るセクスィーなユニットです。手軽なコストで相手のリアを収容してインセプも許さないうえに、リアでも使える器用な子で使い易さ抜群です。ペルソナライドと要相談ですね。パワーとドライブ増加もお手軽仕様。

以上を見るに今回のブラントゲートは、相手のカードに制限を掛ける嫌らしい戦い方でありながら、呪縛と違ってある程度対応がしやすい良い能力に仕上がっていて、個人的には好印象です。ただ、相手のカードに触れる心配やリモートはどうすんねんといった質疑も多い印象でした。ゾーンとかは相手に枚数やカードを公開して、自分の手元に置くなどして接触を避けるといった対策で良いと思いますし、リモートも同じようにすればいいと思います。
今後このタイプの強化の予想としては、監獄に収容とあるんだから、裏向きで収容して2度と出せない(終身刑)だったり、収容しているカードのグレートやパワーを参照して能力を発動、保釈したユニットにデバフを与えるとかそんなのが来るんじゃあないかな?何とも色々と想像が膨らみますね。この他にもリンクジョーカーチックなユニットだったりエイリアンも諸々。

次回はブースターからカード、守護者の紹介との事。デッキはチョロチョロ今日のカードで紹介する日が続きますし、頃合いではありますね。1番気になるのは守護者のレアリティです。数少ないRRをそこに裂いて欲しくはないのでR以下を望みます。肝心の能力は、通常の完ガに追加効果が付与されるのが丸いでしょう。はたまた復活のクインテットウォール。カウンターチャージとかが有り難いかなぁ。

次回の情報局も楽しみにしております♪
END


昨日のVG情報局にて

みなさんこんにちは、使っている洗顔料はバルクオムのリアリティーです。


昨日の情報局ではケテルサンクチュアリとストイケイアのデッキの動きが公開されましたね。みなさん組みたいデッキは決まりましたか?自分はPの兼ね合いからダークステイツメインを予定しています。また今後別の国家にて自分に合ったもの、面白い動きがあったら、例え別国家でもちょくちょく構築するつもりです。

今回は、昨日の情報局における感想を述べていきます。ただ主にカードに関してですので、サプライやイベントは少々ながら触れていきます。


ケテルサンクチュアリ

二郎系ラーメンもビックリなG3マシマシG2少なめと時代がマジで森川に追い付いたという意見の多かった、個人的にはかなり攻めた印象のTDでした。これもライドデッキあってこそ出来た、今後のスタンの構築はこんなに自由に出来るんだという事を表してますね。TDとしての動きはアシュラ・カイザーよろしくの連パンギミック。バスティオンのスタンドはターン1回の代わりに、ペルソナライドも相まってパワーを安定させています。

またG3マシマシ故にガード値が心配とありましたが、多分それは杞憂に終わると思います。実はまだ対して明るみになっていないオーダーカードと、謎のオーダーゾーンの存在(ダメージゾーンの上ら辺)があります。永続的に働くフィールド魔法的なものを寄越すんでしょうかね。恐らくケテルなら、G3ユニットのパワーやシールド値上昇ではないでしょうか。今後のオーダーの追加、楽しみです。


ストイケイア

仲間と紡ぐ波状攻撃に嘘偽り無しと、早速のアクフォ要素を兼ね備えてやってきたフレンズ達。パワーも程よくあり、後列アタックを相手のリアに対しても向けられる、ライドの度にスペコギミックもあるのと、公開された3枚だけでもTDの中では凄く完成度が高い印象でした。またダメトリやコストなど弱点が明確に分かる辺り調整が効いている事も好印象です。ペルソナライドターンのバトル終了後、3枚が後列アタック可能かつ5000UP。また後列全部に降らず、縦一列UPで過剰要求を強いれられる上ダメトリのケアもこなすので適応力も高いです。複雑さを感じないとても使い勝手の良いTDだと思います。


BT(ブースター)に新レアリティ、ORR

超トリガー専用で箱1確定との事。デッキには1枚しか入らないので、これはシングルでもお求め安くなって助かりますね。デッキに確定で入る守護者とかゼロスドラゴンもこんな感じに箱1確定にして欲しかったなぁ。

サプライにてデッキケースやスリーブが660円の特別価格‼︎こいつぁありがてぇ‼︎さすが公式、10周年故に企業努力を感じられます。

以上、昨日の情報局における感想でした。大分情報も明るみになってきて、スタン落ちのショックも大分受け止められました。それでも俺はどのレギュレーションでも遊ぶけどな‼︎

最後に公式が見てるかどうか分からないけれど、2つ願いを馳せます。

1、守護者などデッキに確定で入る枠をRR以上に割かず、Rに収めて欲しい。あのスタンのG3サーチの様な奴とか割と困ります。

2、インフレはしっかり機を見て行って欲しい。買っては環境変わって買っては環境変わってという移り変わりが速いのはもうやめて下さい、買うのが馬鹿らしく思えるので。

文句たれたのでこれで失礼します。

リアリティー

スタンスパイク(ライジング・ノヴァ)

みなさんこんにちは

自分の特撮の世代はハリケンジャー龍騎で、特に仮面ライダーは、2号ライダー=主役と戦う奴と根付き、追加戦士や2号ライダーを初見で疑う癖がついてしまっているリアリティーです。

今回はスタンのスパイク、ライジング・ノヴァを紹介します。普段専ら使ってる訳ではないカジュアルなデッキですが、クラセレにて強化をもらったため改良ついでに紹介します。レシピはこんな感じ。

f:id:jq7e_kgx:20210303115426j:plain

各種役割分担

逸材 ライジング・ノヴァ×4

このデッキの中心核、仮面ライダーWでいう翔太郎の部分。デッドヒートを最優先でコピーしていきます。やっぱりデッドヒート×デッドヒートが落ち着くし強かった。

デッドヒート・ブルスパイク×3

最優先のコピー元でフィリップ君の部分。2体コピーからの2枚退却2枚ドローはこのデッキならではの強い動きなので、これで相手とリソース差をつけるのがこのデッキの基本スタイルです。ライジングのおかげで初めて完成する芸術品です。

ジャガーノート・マキシマム×3

リアガードで攻める担当。コピー元になっても無意味(^ U ^)だが、それを差し引いてもリアで10000パンプする方が断然強かった。だって実質ヴォルコゲーテになるんやもん。

スパイキング・サイクロン

サイクロンだけどフィリップ君じゃない。連パンはそこまで意識して無いので、ローナちゃんで呼んで使える時使います。

アドルブスパーム ローナ×4

ライジングのコピー元やジャガーノート召喚と、動きの全てが絶妙に強い上にブーストまで得るし更に可愛い。4投不可避。

ダッドリー・デーヴィー×4

呼べるのは1種類だけなので、実質ケイとベディヴィアみたいなもんです。ソウルチャージを攻めながら出来るのが非常に合っていて強いです。

ハイスピード・ブラッキー×3

やっぱりコイツは強かった。

ワンダーボーイ×4

やっぱりコイツは外せなかった。G1以外好きなもんなんでも戻せます。いつでも強い。

ダッドリー・ウィリアム×4

デッドヒートのマーカー移動を実質ソウルチャージで行う高スペックカード。先駆も付いててデーヴィーでも呼べる、素晴らしい、まさに上の上ですね。

アンブッシュ・デクスター×3

デッキの再現性を高める為に採用。

★×6、引×6(内完ガ×4)治×4

フォースは両方取れるので、トリガーで圧を掛けるよりは手札を整えて、ミッドレンジで戦う型にしています。30000★も全然採用圏内なので、お好みでチョイスしましょう。治は私の嫁であるアダレードちゃんでないと絶対満足に回りません。この娘の献身的な応援で、治を捲りたい時に祈れば絶対捲れます。ああ見えて意外と下ネタに耐性なくて、すぐ顔が赤くなっちゃうようなウブな娘なんですよきっと、そうだ、そうに決まってる…多分。

FV ランニング・スナイパー

SPパックで当たったので折角だから使ってあげようと。


いかがでしょうか。これであなたもマーカーをパスし合える健全なギャロウズボールができますよ。何よりどのカードも安いので、ちょっとVスタン遊んでみたいって感じで組むのも良いと思いますよ。(グレネが強いとか言うんじゃない)なおカオブレ対面では、マーカーという名のボールは永久に戻らないので、カオブレには気を付けよう!(ここでゆうさくのBGM)


おまけ

ダッドリー・ルシファー君ごめんなさい。デッキに採用させてあげられなくて、君を活かす事がどうしても出来なかった。ダッドリー以外呼べたなら戦略がガラッと変わったものを。いいじゃないか、スパイクにそこまで施してもバチは当たらんぞえ‼︎どうかザイフリート将軍の元でドーピングしてもらって下さい。ちなみにPスタンでも彼を活かせませんでした、ごめんなさい。

リアリティー


昨日のVG情報局にて

みなさんこんにちは、使っている洗顔料はバルクオムのリアリティーです。


昨日の情報局ではケテルサンクチュアリとストイケイアのデッキの動きが公開されましたね。みなさん組みたいデッキは決まりましたか?自分はPの兼ね合いからダークステイツメインを予定しています。また今後別の国家にて自分に合ったもの、面白い動きがあったら、例え別国家でもちょくちょく構築するつもりです。

今回は、昨日の情報局における感想を述べていきます。ただ主にカードに関してですので、サプライやイベントは少々ながら触れていきます。


ケテルサンクチュアリ

二郎系ラーメンもビックリなG3マシマシG2少なめと時代がマジで森川に追い付いたという意見の多かった、個人的にはかなり攻めた印象のTDでした。これもライドデッキあってこそ出来た、今後のスタンの構築はこんなに自由に出来るんだという事を表してますね。TDとしての動きはアシュラ・カイザーよろしくの連パンギミック。バスティオンのスタンドはターン1回の代わりに、ペルソナライドも相まってパワーを安定させています。

またG3マシマシ故にガード値が心配とありましたが、多分それは杞憂に終わると思います。実はまだ対して明るみになっていないオーダーカードと、謎のオーダーゾーンの存在(ダメージゾーンの上ら辺)があります。永続的に働くフィールド魔法的なものを寄越すんでしょうかね。恐らくケテルなら、G3ユニットのパワーやシールド値上昇ではないでしょうか。今後のオーダーの追加、楽しみです。


ストイケイア

仲間と紡ぐ波状攻撃に嘘偽り無しと、早速のアクフォ要素を兼ね備えてやってきたフレンズ達。パワーも程よくあり、後列アタックを相手のリアに対しても向けられる、ライドの度にスペコギミックもあるのと、公開された3枚だけでもTDの中では凄く完成度が高い印象でした。またダメトリやコストなど弱点が明確に分かる辺り調整が効いている事も好印象です。ペルソナライドターンのバトル終了後、3枚が後列アタック可能かつ5000UP。また後列全部に降らず、縦一列UPで過剰要求を強いれられる上ダメトリのケアもこなすので適応力も高いです。複雑さを感じないとても使い勝手の良いTDだと思います。


BT(ブースター)に新レアリティ、ORR

超トリガー専用で箱1確定との事。デッキには1枚しか入らないので、これはシングルでもお求め安くなって助かりますね。デッキに確定で入る守護者とかゼロスドラゴンもこんな感じに箱1確定にして欲しかったなぁ。

サプライにてデッキケースやスリーブが660円の特別価格‼︎こいつぁありがてぇ‼︎さすが公式、10周年故に企業努力を感じられます。

以上、昨日の情報局における感想でした。大分情報も明るみになってきて、スタン落ちのショックも大分受け止められました。それでも俺はどのレギュレーションでも遊ぶけどな‼︎

最後に公式が見てるかどうか分からないけれど、2つ願いを馳せます。

1、守護者などデッキに確定で入る枠をRR以上に割かず、Rに収めて欲しい。あのスタンのG3サーチの様な奴とか割と困ります。

2、インフレはしっかり機を見て行って欲しい。買っては環境変わって買っては環境変わってという移り変わりが速いのはもうやめて下さい、買うのが馬鹿らしく思えるので。

文句たれたのでこれで失礼します。

リアリティー

スタンゴルパラ(スペクトラル)

どうもこんにちは

好きな漫画は横山光輝三国志、特に張飛翼徳にハラハラなリアリティーです。(ちなみに三国志を知ったのはKoeiの無双シリーズから)

今回は先月発売されたクランセレクションvolから、ゴールドパラディンのスペクトラル・デュークの紹介です。高校時代の相棒が今のスタンに相応しい強さになって帰ってきました。(発表された時はテンションぶち上がりでした)

以下レシピになります。

G3

スペクトラル・デューク・ドラゴン×4

青き炎の解放者 パーシヴァル×4

フルキャバリアー・ドラゴン×2

G2

黒竜の騎士 ヴォーティマー×4

春光の騎士 ベリーモール×4

誓いの解放者 アグロヴァル×3

G1

漆黒の先駆け ヴォーティマー×4

真実の聴き手 ディンドラン×4

曙光の騎士 ゴルボドゥク×4

G0

★×10(内30000×2)

引(完ガ)×2

治×4

FV


組んだ感じ、比較的シンプルな枚数に収まりました。★を捲って数で攻める事が基本になります。手札はかなり増えてくれるので引は完ガ2枚のみ。


以下それぞれの役割分担

スペクトラル・デューク・ドラゴン

メインV。他に乗ると弱いので全力で乗る事を目指します。攻撃力は低さは、常時★と後列のブースターでカバーします。

青き炎の解放者 パーシヴァル

一度でも使えれば上々です。またカオス対面だと出しどころを見極めたい所。

フルキャバリアー・ドラゴン

簡単に面が増える上、Vのパワーも上げてくれる頼もしい竜。この枠をサグラモールにすればベリーモールとディンドランが使いやすくなりますが、単体Vアタックでシールド値の調整が効いたり、的としての役割も担ってくれるためこちらを採用しました。

黒竜の騎士 ヴォーティマー

是非とも乗りたい1枚。ソウルに行くのは非常に助かる。

誓いの解放者 アグロヴァル

ずっと優秀な人。4枚は持て余しガチなため3枚。

春光の騎士 ベリーモール

面を広げる担当。雑にスペコされても強いです。

漆黒の先駆け ヴォーティマー

初動に乗っておきたい1枚。最悪なくても何とかなるのが助かる。

曙光の騎士 ゴルボドゥク

G3サーチしつつ、低いパワーを補填してくれます。

真実の聴き手 ディンドラン

ベリーモールから飛び出してきます。引くかラインを取るかは選び所。

★10(内30000が2枚)引完ガ2枚 治4枚

回して落ち着いたのがこの構成になり、★に尖らせました。前トリガーも試しましたが、スペクトラルの挙動上、最低1体は前列を犠牲にするのが面白くないので見送りました。


いかがだったでしょうか。動きはシンプルですが、それ故に奥深く扱いやすいスペクトラルの紹介でした。この他にもホエル・カエダンやトリガーをいじったりと改良の余地はまだまだあると思います。個人的に凄いと思ったのは、ベラナスやマッハスラッシュ入りの構築です。あまりVG上手くないのでこういった構築ができるのは羨ましい…。


次のスタンも大分詳細が明かされていき、今後VGがどう変わっていくか楽しみですね。早くウィルスが収束していって、いつも通り気兼ねなく大会が楽しめる日を待っております。

リアリティー